1. HOME
  2. 福祉支援
  3. SADECO SHOP
  4. SADECO SHOP 閉店
SADECO SHOP

SADECO SHOP 閉店

SADECO SHOP

81

いつもサデコショップをご利用いただき、誠にありがとうございます。 このたび、長らくご愛顧を賜りましたが、残念ながらサデコショップは2024年7月21日をもって閉店いたしました。

35年間にわたり、サデコショップは障害者施設で作られた商品の販売を通じて多くの皆様に愛され、支えられてきました。サデコ授産品販売店は、授産活動を行っている施設の多くが製品を個々の施設内で販売する中、安定した受注を確保することが難しい状況にありました。そのため、2009年に大宮ソニックシティー31階から埼玉県産業総合技術センター(サイテック)1階に常設の販売場所を移し、アンテナショップ「サデコショップ」をオープンし、販売機能と情報伝達機能を持ち、障害者施設で作られた商品を幅広く提供してまいりました。

閉店の理由について、2023年6月の埼玉県定例議会での質問により、サデコショップの販売手数料に関する問題が浮上しました。長年にわたりご理解いただいてきた25%の手数料に対する議論があり、その結果、運営の継続が難しくなりました。埼玉県から販売手数料の減額と現店舗からの移転を条件とする提案もありましたが、サデコショップ運営団体である公益社団法人埼玉デザイン協議会の趣旨にそぐわないと判断し、閉店を決断いたしました。

さらに、継続の危機を訴えるために毎日新聞社埼玉支局にお願いして記事を掲載していただいたものの、残念ながら十分な支援が得られず、継続を断念せざるを得ない状況となりました。サデコショップは、埼玉県からの補助金(1,200,000円)とサデコ会員会費(60名+10社で運営)の一部に支えられてきました。しかしながら、サイテックからの移転には経費がかかり、当団体の経営を圧迫するために継続を諦めざるを得ない状況となりました。この決定は心苦しいものでありますが、長きにわたりサデコショップを支えてくださった皆様に深く感謝申し上げます。

なお、運営団体である公益社団法人埼玉デザイン協議会は、さいたま市内の障害者施設商品を取扱うWEBストア「サデコMONOがたり」を開設しております。そちらでの購入も可能ですので、引き続きご利用いただけますと幸いです。

閉店後も、引き続き障害者施設で作られた商品の普及や販売の新しい形を模索してまいります。今後ともご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

公益社団法人埼玉デザイン協議会
代表理事 竹田良雄